医療事務の仕事 とは?

医療事務の仕事 とは?

医療事務の仕事は働く場所によって異なりますが、病院に来る患者さんや見舞い客に真摯に対応し、忙しい医師や看護師などの医療従事者をサポートすることです。
患者に対して声をかけ、常にその様子に気を配りながらも医療費請求など病院運営の一部に携わっていく医療事務の仕事に就いてみてみましょう。

 

↓↓↓たのまな 医療事務の公式サイトはこちら↓↓↓

たのまな 医療事務

たのまな 医療事務

 

あなたにピッタリな医療事務講座が見つかる。
たのまな 医療事務なら通信講座で医療事務の資格が取れる。
詳しくは無料資料請求をお申し込みください。

 

 

↑↑↑無料資料請求はこちら↑↑↑

 

働く場所で変わる医療事務の仕事

医療事務の仕事は基本的に患者の初期対応と会計に変わりはないのですが、ほかにも医療従事者のサポートなどがあり、その細かい業務内容も勤める施設によって変わります。
病床数20章以上の総合病院や大学病院、個人病院では外来患者への対応、レセプト業務、受付案内など業務を分担して行います。
電子カルテや医療OA業務、医局秘書などその分野に特化した資格を持つ人が多くいるのも総合病院の特徴です。
外来しかないような個人病院や専門医のいるクリニックなどでは医療事務に携わる人も少ないので受付もレセプトもすべて医療事務スタッフが行います。
また来る人が限られているような地方の病院や診療所の場合は地域住民とのコミュニケーションを取ったり、院内の掃除をしたりするのも医療事務の仕事とされることがあります。
経験と実績を積むと外注の多い規模の大きな医療機関に派遣されて働くこともあります。

 

医療関連施設以外ではレセプトのコンピューターや電子カルテソフトなどの開発を行う業界で仕事をする人がいます。
求められる人材は医療事務経験者で、このような機能があればいいという意見や要望を取りまとめたりプレゼンしたりします。
さらにレセプトを提出する先の審査支払機関にも医療事務は必要不可欠で、診療報酬の請求を受けてからレセプトの審査、点検を行います。
これも実務経験者が求められることが多く、経験がない人が採用されるケースは稀です。
また将来的に医療事務に携わりたいという方を育成する専門学校や通信教育の講師、テキスト作成も医療事務経験者が求められます。
常に勉強が必要で新しい知識を自分でも身につけていかなければなりませんが、人を育てるというやりがいのある仕事といえるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ